社会問題ニュース

70歳まで働くなんてとんでもない!労働からは早く解放されたいのがみんなの本音

自民党はどうやら、70歳まで働ける社会を目指しているようです。あなたは、70歳になってもまだ働き続けたいですか?
70歳になったら、きっと歩くことさえままならなくなっていたりするかもしれません。今と同じように機敏に動き回ることもできなくなっているかもしれません。頭の回転だって、記憶力だって、年相応に衰えてしまう人が大半です。
だから、高齢になったら労働からは解放されてゆっくりと日々を過ごすことを許されている国が、日本だったはずです。
なのに、70歳になるまで働き続けるなんて私は嫌です。今でも働くと疲れるのに、高齢になったらもっと耐えられなくなっているんじゃないでしょうか。

自民党のプロジェクトチームが、70歳までを「ほぼ現役世代」とし、この年齢まで働ける社会にすべきとの提言の骨子案をまとめました。あなたは、70歳まで働きたいと思いますか?
引用元:ヤフーニュース

働くことがストレスにしかならない社会


今の日本で、就職しようと思うことがまずストレスです。面接というものが必ずあり、そこでスキルも経験も学歴もなく、笑顔さえないものは確実に叩き落されます。そんなものなくたって、仕事はさせてもらえれば覚える気はあるし、やる気だってあるつもりで面接を受けていることでしょう。でも、笑顔がないだけでも落とされる人はとても多いのが実情です。面接という場で、自然な表情を作ることが苦手な人はそれなりのスキルや経験がなければ考慮さえしてもらえません。何の魅力も感じてもらえないと、仕事を獲得することさえ困難です。

だからこそ、働く気力を失ってしまう人が増えているのだと思います。

働く前から、面接という壁があることが大きなストレスになっているのが日本です。
仕事をさせてもらえるとしたら、面接なしで働ける登録制の派遣会社くらいでしょうか。そこでも、仕事で失敗したりすると二度と仕事を回してもらえなくなるというデメリットがあるので常にプレッシャーとの戦いです。

働く前から面接のせいで疲弊させられ、働き出してもいつ首になってもおかしくないプレッシャーと戦い続けるのが仕事です。
ずっと続けたいですか?

60歳で定年退職したらのんびりしたい


60歳で定年退職したら、悠々自適な老後を過ごしたいというのが多くの人の本音でしょう。
社会で働くということは、どんな職種でも大きな疲労感やストレスとの戦いです。
家でゆっくりしているのとは全く違う、緊張感が常にあるから仕事は疲れます。

でも、みんなお金を稼いで日々生きていくために働いています。
本心からその仕事が大好きで、使命感を持って向上心を持って取り組んでいる熱血漢なんてとてもまねできません。
医師や看護師、教師、美容師などのエキスパートに多い仕事への姿勢だと思います。

一般のアルバイトなんかに、そんな気概を持って仕事に臨んでいる人なんてほとんどいないはず。
仕事をしていても、家に帰ってすることについて考えていたりします。目の前の仕事なんてのは、単なるお金を稼ぐための作業にすぎません。

そんなアルバイトに、悪質ないじめとしかとらえられないクレーマー対応を押し付ければ当然負担が重くなりすぎて辞めていくにきまっています。
そんなこともわからない上司が多いのも問題です。

ストレスが多くて、とにかく疲弊させられる一方の「仕事」というものからは一日も早く解放されたいのが多くの人々の本音でしょう。でもそれを言っていたら、今日の食べるものさえ買えなくなってしまいます。だから、疲れても働き続けるのが社会人です。

その暮らしのゴールが、さらに10年も伸びることを喜べる人がそう多いとは思えません。

働きすぎなくても生きていける社会がいい


家賃や電気代、食費といった最低限の生活費を賄うだけでも必死に働かなければいけない人もいます。
自分の夢のための学費を稼ぐために必死になっている人もいます。
とにかくみんな、目標のために必死に働かなければという思いに駆られているように見えます。

いやいやでも、働かないとお金が無くなることに対する恐怖心に追い立てられながら働いている人だっていますね。

残業を押し付けられても断り切れず、過重労働がたたって過労死になってしまう人も多いようです。

そこまでみんなが必死に長時間労働を強いられて当たり前になっているような社会で、みんなが幸せになれるんでしょうか?
働きすぎなくても、十分に生きていける社会を自民党は考えてほしいものです。

仕事の内容だって、もっと簡単で楽しいものを用意したり、
面接という壁を取り払って誰でも働ける環境を用意するというような
取り組みのほうを始めてもらいたいものです。

現状でも、一部の会社では面接で選考をしたり叩き落したりなどせずに働かせてくれるところがあります。
そういう会社がもっと増えて、安定して働ける企業でも面接という壁がなくなればいいのにって思います。

面接という壁で跳ね返される人の能力がないなんて、とんでもないみくびりだし、決めつけです。
仕事なんてやればだれでも覚えます。少しずつやっていけば、誰でもできるようになります。
難しいことだって、一から覚えればいつかできるようになります。

それなのに、笑顔や経験、スキルといった項目だけでできないと決めつけて叩き落とす姿勢を持った会社は、
こちらから願い下げなんですよ。

70歳まで働きたくない まとめ


70歳にもなるころには、それまで必死にためてきた貯金や年金だけで生きていきたいものです。自分で保険を使って年金を作ることだってできますからね。今はイデコも対象の幅を広げています。国が年金を取り上げても、自分で年金を用意することは簡単です。若いうちに働いてお金を貯めることさえできていれば。

自民党がたとえ、70歳の高齢者でも働かせようとしてもお金のために生き続けることからはいい加減解放されたい年齢です。その先の人生も残り何年か予測不可能になってきている不安の中、なぜお金のために時間を割かなければいけないのでしょうか?
自分がやりたいことや興味のあることのために、老後の時間は過ごしていきたいです。

それなのに、お金のためにあくせくしないといけないなんてしんどすぎです。
趣味ややりたいことが労働と直結しない高齢者は、なおさら働き続けたくなんかないはずです。

そういう声にも自民党は耳を傾けてほしいものです。

老後の資金を作る保険無料相談について詳しくはこちら

ピックアップ記事

  1. 浜崎あゆみをMステで久しぶりに見かけたら、驚愕の変貌!ファンの反応は?
  2. お掃除ロボットも月額2000円台からレンタル可能!レンタルでわかるお掃除ロボット…
  3. 壊れたものを高価買取してくれるって知ってた?時計や家電など壊れていても宅配買取受…
  4. 部屋を片付けることができるトランクルームアプリ登場!スマホ一つで片づけられない病…
  5. 宿泊キャンセル料金を節約|宿泊予約権を売買できるサービス

関連記事

  1. 社会問題ニュース

    女性が飲食店へ一人で訪れると目立つ問題について

    男性だったら、一人でどこへ行こうが誰にどう思われることもないでしょう。…

  2. 社会問題ニュース

    「親戚がうざい問題」に頭を悩ませるのは田舎社会の宿命

    親戚との距離が近かったり、親戚の数がとにかく多いのって田舎によくあるこ…

  3. 社会問題ニュース

    TVのバラエティ番組のワイワイガヤガヤがうるさすぎて肝心の内容が理解できない

    TVのバラエティ番組って、字幕がないとわけわからなくなってきます。…

  4. 社会問題ニュース

    学歴詐称問題が急増!?ばれたら解雇!それでも人が学歴詐称をする理由を企業は知っていますか?

    アメリカの話ですが、女性校長の学歴詐称が貴社に暴かれてしまい、就任目前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 嫌煙家に朗報!旭化成から夢の禁煙マンションが登場
  2. 宿泊キャンセル料金を節約|宿泊予約権を売買できるサービス
  3. 女子に人気のカラオケ「パセラ」系列が提供するお泊り女子会プラ…
  4. 「親戚がうざい問題」に頭を悩ませるのは田舎社会の宿命
  5. TVのバラエティ番組のワイワイガヤガヤがうるさすぎて肝心の内…

アーカイブ

  1. 社会問題ニュース

    学歴詐称問題が急増!?ばれたら解雇!それでも人が学歴詐称をする理由を企業は知って…
  2. トレンドの最新ネットサービス

    名古屋大学が快挙!夢のカーボンナノベルトの作製に成功|カーボンナノベルトのすごい…
  3. 芸能ニュース

    菊川怜が結婚報告|「とくダネ!」での突然の発表に祝福の声が集まる
  4. 面白ニュース

    部屋を片付けることができるトランクルームアプリ登場!スマホ一つで片づけられない病…
  5. 得するニュース

    高い服を買うのはもったいない!ファッションは安いもので十分な理由とは?
PAGE TOP