社会問題ニュース

食品添加物、農薬問題は気にするほうが負け?気にしていては孤立する「食の安全」について

食品添加物や残留農薬について、気になるという人はオーガニック食材の通販や宅配サービスを利用していることでしょう。
しかし、そういったサービスを利用しようと思えば家族の同意や周囲の理解まで求めないといけないことが難点ですよね。

金額で言えば、近所のスーパーの安売りの野菜や肉よりも割高になってしまう品質の良い食材は家計にとっては「無駄遣い」になります。
添加物を気にして無添加の調味料を選ぼうとすれば、それもまた添加物使用の激安調味料よりは割高なので、
「無駄遣い」です。

健康を気にする人を見て、添加物や残留農薬や気にしすぎるほうが負けといい、宗教にはまっている人を説得しようとするかのように説き伏せられますよね。安いものでいいから、気にするだけ損ってたいてい言われます。

食品添加物のリスクは知っていても気にするだけ損


食の安全が叫ばれてはいても、結局のところそんなものを気にしていては社会でも家庭でもどこへ行っても、
孤立してしまうだけです。
いくら食品添加物や残留農薬の影響で日本が癌大国になったというようなセンセーショナルな記事がネットで公開されていたとしても、誰もが見なかったことにして通り過ぎます。だって、そんなものを気にしだしたら切りがないからです。

私、添加物や農薬が気になるのでこんなものはいただけませんなんて、友達などから食べ物をもらった時に言っていたらたちまち友達をなくします。
人間関係を破たんさせてまで、食の安全にこだわれる人なんてなかなかいないでしょう。

だから、食品添加物や農薬問題は「気にするほうが負け」でしかないのです。

ある程度添加物が少なくて、ある程度安心できるスーパーで加工品に頼らずに手作りの料理をするだけしかできることはないのが現状です。

オーガニックはとにかく高くつくのが欠点


自然食品を扱う宅配サービスもたくさん知っていますが、
やはり値段が高いので、家計にとっては無駄になってしまうことだけが本当に残念です。

安全な食品はどうしても高くついてしまうので、庶民には手が出せないのが現状です。
たかが月4万円の食費に収まったとしても、
近所のスーパーならその半額といわれてしまえばそんな高価で安全な食品に手を出すことはできません。

オーガニック食材を作っている農家さんの努力はわかりますし、その考え方もわかります。
でも、だからといってオーガニックやらにこだわりだしたら食費がいくらでも高くなっていきます。

そんなことができるのは年収700万オーバーの単身者くらいのものでしょうか。
それでも、友達や家族などとの付き合いがあればなかなか手を出すことが難しい、それが「100%安全なオーガニック食品」ということに
日本ではなってしまっています。

少しだけ気にして、たいていは気にしない程度でいい まとめ


オーガニック食材宅配サービスも数多く登場し、そこに従事する人々は普通の農家さんとは比較にならないほどの苦労をしています。農薬や化学肥料に頼らない分、労力をたくさんかけて安心安全にこだわりたい消費者のために日夜努力しています。

添加物に頼らず、昔ながらの安全な製法にこだわって加工食品を作っている生産者もいます。

しかし、なかなか気軽に消費者はそれを選ぶことができません。

日本ならではの世間の目というもの(ほかの人が安くて粗悪なものを選ぶ中で、自分だけ高くて品質のいいものにこだわることができないという日本独特の心理)がそれを邪魔するからです。
気兼ねなく、個人の自由な選択でオーガニック食材を選択できるような世の中には、おそらく日本はなっていけないでしょう。
みんな一緒でなくては孤立するのが日本社会です。添加物を気にせず、安ければ何でもいいという消費者が大半を占める現状が変わらない限りはその風潮に同調していなければ孤立するだけです。

だから、もしも添加物や残留農薬が気になるならだれも見ていないところでちょっとだけ気にして、みんなの前では何にも考えずに食べ物や飲み物を口にしているしかないと思います。

つまり、どこまでいっても「添加物や残留農薬なんてちょっとだけなんだから気にする必要はないし、気にしたほうが負け。」でしかないということです。
下手にその危険性や毒性について知りすぎてしまわないほうが、日本では生きていきやすいのではないでしょうか。

添加物・残留農薬について気にする正当な権利がある(白い目で見られたりしない)のは、そういうものにアレルギーがあるなどの敏感な人だけなのかもしれません。

ピックアップ記事

  1. 女子に人気のカラオケ「パセラ」系列が提供するお泊り女子会プランが話題
  2. 部屋を片付けることができるトランクルームアプリ登場!スマホ一つで片づけられない病…
  3. 宿泊キャンセル料金を節約|宿泊予約権を売買できるサービス
  4. お掃除ロボットも月額2000円台からレンタル可能!レンタルでわかるお掃除ロボット…
  5. 浜崎あゆみをMステで久しぶりに見かけたら、驚愕の変貌!ファンの反応は?

関連記事

  1. 社会問題ニュース

    学歴詐称問題が急増!?ばれたら解雇!それでも人が学歴詐称をする理由を企業は知っていますか?

    アメリカの話ですが、女性校長の学歴詐称が貴社に暴かれてしまい、就任目前…

  2. 社会問題ニュース

    女性が飲食店へ一人で訪れると目立つ問題について

    男性だったら、一人でどこへ行こうが誰にどう思われることもないでしょう。…

  3. 社会問題ニュース

    アルコール規制には反対?賛成?アルコールで人生を狂わせる人続出問題について

    タバコに関する規制が進む中、アルコールに関しても規制するべきではという…

  4. 社会問題ニュース

    70歳まで働くなんてとんでもない!労働からは早く解放されたいのがみんなの本音

    自民党はどうやら、70歳まで働ける社会を目指しているようです。あなたは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 嫌煙家に朗報!旭化成から夢の禁煙マンションが登場
  2. 宿泊キャンセル料金を節約|宿泊予約権を売買できるサービス
  3. 女子に人気のカラオケ「パセラ」系列が提供するお泊り女子会プラ…
  4. 「親戚がうざい問題」に頭を悩ませるのは田舎社会の宿命
  5. TVのバラエティ番組のワイワイガヤガヤがうるさすぎて肝心の内…

アーカイブ

  1. コスメ・美容関連ニュース

    敏感肌じゃなくても気になる化粧品類の添加物問題|世界が認めるオーガニックコスメと…
  2. 芸能ニュース

    松重豊主演、「孤独のグルメ」第6シーズンが放送開始
  3. 社会問題ニュース

    70歳まで働くなんてとんでもない!労働からは早く解放されたいのがみんなの本音
  4. 得するニュース

    断捨離をすると部屋がすっきり片付きます|一度片付いたらそれを維持するのは簡単な訳…
  5. 社会問題ニュース

    労働意欲を奪うもの、それが面接及び不採用通知(お祈りメール)|経験がないものは仕…
PAGE TOP